これからのお教室の在り方

こんにちは。50代女子の編むことで夢中になれるワイヤーアクセサリー教室 Shiorikoです。

緊急事態宣言が解除されてから迎えた6月。

そろそろお教室再開というところも出てきてますね。

 

私の場合、対面レッスンを2カ月中止していたわけで、再開は来週からとなります。

 

この2ヶ月は本当、家族以外会話もしていなくて、このままステイホームの生活かなと思うくらい、慣れてきた自分が怖い(笑)

 

ですので、人と話せるかなーと思うくらいですが、対面レッスンもコロナ対策をして臨みたいと思います。

 

コロナ中に考えていたことは、これからのお教室の在り方。

 

対面レッスンも今までと同じことはできません。

 

3つの密を避けること、ソーシャルディスタンス、手洗いをすること、マスクをすること。

 

そんな条件付きレッスンでないといけないですし。

私のお教室は自宅アトリエ以外、カフェ内のワークショップスペースで対面レッスンしています。

ガッツリ学ぶようなイメージがあるカルチャーの場所はではなく、あえてカフェという場所でのレッスンをここ数年は選んでます。

 

レッスン前やレッスン後に飲食をとりながら、コミニュケーションも楽しみの一つでしたし。

 

これが当たり前のように出来なくなった今、どうしていくべきか。

コロナ対策をして、再開しながら模索する感じになりそうです。

 

対面レッスンをこの先やめるということは全く考えていません。

 

だからといって、また第2波がやってきたときに対面レッスンは出来なくなります。

 

対面レッスンができないときはオンラインを。
 

元々、対面レッスンにはいけない人にはオンラインで。

 

対面とオンライン。

 

どちらかだけでなく、両方のいいところ取りでやっていくこと。

 

レッスン形態の選択肢が増えれば、どんな状況でもみなさんに作る環境を提供できる。

それが。これからのお教室の在り方ではないかと。

 

対面だけにこだわらない、そして、オンラインだけにも頼らない。

 

苦手、出来ない!無理だ!といってると、これからの楽しいことに出会うことなくなっちゃうからね。

 

みなさんは、歳だからとか、こんな状況のときにやるなんてとあきらめてませんか?

 

私は自作することは最強だと思ってます。

 

そして、アラフィフ世代で、家族のことやいろいろありますけど、まだまだ前進あるのみです。

 

ブログレッスンスケジュールカテゴリーの記事