みんなと共感できる天然石フレーミングとは?

50代女子の編むことで夢中になれるワイヤーかぎ針編みアクセサリー教室 Shiorikoこと足立志織です。

 

 

スキルアップレッスンの中ですぐに完売となったもの、天然石のフレーミングレッスン。

 

こちらは天然石フローライトの形がみな違うため対面レッスンのみとしています。

レシピ広げてますので分かると思いますが、手前のYさんが天然石のフレーミングやっていますね。

 

天然石など穴があいていないカボションを包み込むテクニック、フレーミング。

 

マクラメコードで天然石を包み込むことは以前やっていましたが、ワイヤーのかぎ針編みでの私が考えたレッスンでは初めての試み。

 

Yさんが挑戦しているのはこちら。

スキルアップレッスンの大人アジアンスタイルのピアス。

この天然石カボション、フローライトをワイヤーでガッツリ包み込むとこの透明感を失ってしまう。

そのために私、たくさん試作しました。

フレーミングは、包み込む天然石が外れてしまう…これがいちばん怖いというか悔しい、悲しい。

 

そして、とても細いワイヤーを2本で編むからかぎ針編みでいう単なる細編みといってはいけない。

 

正直、レッスンには不向きではないかと悩みましたが、マクラメだと私のイメージしている感じにならない。

やっぱり、このフローライトにはワイヤーフレーミングが合うんです。

そして、ゴールドとシルバーの2本で編んでいるから柔らかなカラーとなりました。

樹の萌さんの天井も鏡に映ってますね。

フローライトの透明感も分かります??

レッスン中はここまで。

いつもはキツめに編んでいるYさんも少し緩めとなってしまいましたが、天然石フローライトは落ちないように仕上げできました。

ワイヤーが細く、レースかぎ針で編むから、なかなか時間がかかるものですけど、コツは掴めたようです。

あと1つ、お家での宿題、楽しんで作ってくださいね。

 

そして、前回、アトリエでのレッスンでこのフローライトフレーミングを初でやったOさん。

最後の段を編んでいて、ワイヤーが切れてしまいました。

ワイヤーを別に足して編むことも可能ですが、切れた箇所を見ると、なるべくならやらない方がいい感じでした。

 

というわけで、もう一度一から編み直したOさん。

こちら、フレーミングが終わったところ。

 

このフローライトも綺麗ですよね。

もちろん、編み目もキレイに編めるようになりました!!

このように、いきなり初めての方がフレーミングしたいといっても、宿題となるのもありますが、無理ですよね。

 

ある程度経験を積んだからこそ出来るものであって、達成感もまたいいものです。

 

さぁお二人の完成も楽しみですし、まだやってない方のレッスンも楽しみです。

 

みなさんとこのフレーミングできたーっいう達成感を共感できるレッスン、クセになりそうです。

 

このフローライトのレッスンは完売してますので、今後またフレーミングを考えたいなと思います。

 

Shiorikoアクセサリーお教室公式アカウントLINE

こちらを友だち追加すると公式LINEのみの特典があります。画像をタップして ぜひ友だち追加してくださいね。

スキルアップレッスンブログレッスンスケジュールレッスンレポートワイヤーかぎ針編みカテゴリーの記事