Shiorikoのアクセサリーに出来ること

こんにちは。ワイヤーかぎ針編みアクセサリー教室 Shiorikoこと足立志織です。

 

アクセサリーを身につけるにあたって、金属アレルギーというものがありますよね。

あれって大人になって突然なってしまうこともあるらしいですね。

 

ちなみに私は金属アレルギーではありませんが、ワイヤーかぎ針編みのレッスンを始めて数年たった頃に言われたこと。

 

「金属アレルギーだからやってみたいけど無理だな」

 

私は「金属アレルギー対応のものをやるしかないかな~」とマクラメ(紐を結んで作る)を習い、レッスンをしてましたが、現在はマクラメレッスンはやっておりません。

 

外見のことですと、アラフィフ世代になるとね…

 

天然石の輝きでカバーはできないこともないのですが、マクラメアクセサリーの結びだけで勝負するとくすんでしまうことに気づいたのです。

金属アレルギーではない人はキラッと輝くアクセサリーを身につけていったほうがいいよねって。

 

 

でも、ワイヤーって金属アレルギーになるの??と疑問ですよね。

 

Shiorikoの教室で使うワイヤーはアーティスティックワイヤーというアメリカ製のもの。

 

一番使うカラーはノンターニッシュシルバー、ゴールドです。

 

 

こちらは銅線にポリウレタンコーティングがしてありますので、直接触れても金属アレルギーにはなりにくいと言われています。

 

しかしながら、ワイヤーを切った端や剝がれてしまった時などには触れることがありますので、すでに金属アレルギーの方は避けた方がいいですね。

直接肌に触れなければピアスなどの金具を金属アレルギー対応のものを使用すれば大丈夫な場合もありますね。

 

Shiorikoの教室でいうワイヤーかぎ針編みで作るアクセサリーは全てに金属アレルギー対応となってはいませんが、その分、素材も淡水パールや天然石がメイン。

軽量で肌馴染みがいいものを選んだり、50代女子に似合うイメージのものを考えています。

そして、この世代には避けられない老眼という問題も起こります。

 

ビーズアクセサリーというと細かいイメージですが、Shiorikoの教室ではなるべく避けます(笑)

 

 

基本は編むことを回数重ねるだけで、楽しく続けられるワイヤーかぎ針編みアクセサリー作り。

ワイヤーを編むことで夢中になるという時間はあっという間。

 

 

日常のストレスも解放できるだけでなく、日々の生活の楽しみとなり、活力ともなります。

綺麗なものを作り上げることで日々の暮らしを心から豊かにする癒し時間。

 

50代女子だからこそ楽しみたいですね。

 

Shiorikoアクセサリーお教室公式アカウントLINE

こちらを友だち追加すると公式LINEのみの特典があります。画像をタップして ぜひ友だち追加してくださいね。

ブログワイヤーかぎ針編みカテゴリーの記事